Baby's Breath

これまでのLOVERSSOULの楽曲の数々を収録した

初のBEST ALBUM「Baby's Breath」

2018.3.14

LOVERSSOUL

BEST ALBUM「Baby's Breath」。

GRCD-006 ¥3,241(税抜)

<取り扱い店舗>

玉光堂全店、音楽処、帯広岡書イーストモール店、函館 蔦屋書店、コーチャンフォー全店、タワーレコード札幌ピヴォ店・アリオ店・苫小牧店

<オンライン>

Felista玉光堂

音楽処

タワーレコード


誰もが知るヒット曲、そしてLOVERSSOULの多くの楽曲に携わる松井寛さん、シライシ紗トリさんからコメントを頂きました!


CHIHIRO、LOVERSSOULのベストアルバム発売おめでとう!調べてみたら、Candyと言う名前でデビューしてから13年、その後、地元の札幌に戻ってLoverssoulで音楽活動を一からやり始めて6年、ようやくベストアルバムが出せる位にまで来たね。当然、周りの人との出会いとか、助けが有ったからだと思うけど、まずは、CHIHIROの声の魅力があっての話。

最初会った頃は中学生で、それから比べると今はすっかり大人の女性になったけど、今でもその、CHIHIROの声の魅力については聞く度に驚くばかり、唯一無二な声だと自分は思ってます。

なので、これからも、地元・札幌発信で音楽活動を頑張って下さい。非力ながら応援しています。

松井寛 a.k.a. Royal Mirrorball


「Baby’s Breath」リリースおめでとうございます!!Candy、ユニット「ラヴァーズソウル」、そして現在の「LOVERSSOUL」というカタチ。このアルバムはCHIHIROさんの音楽人生の中で、沢山の変化や経験をしてきた事が栄養となり、色んな局面で色んな楽曲が生まれ、そして育み、産声をあげたのだと思います。それは、まぎれもなく、自分自身の音楽にいつも”めいいっぱい”で向き合っている、CHIHIROさんの姿そのものでもあると思います。

最後に

聞く人を優しい気持ちにしてくれる、CHIHIROさんの歌をたくさん堪能できる、素晴らしい作品になったね。本当におめでとう!!

シライシ紗トリ


セルフライナーノーツ

〜Disc1〜

1.永遠に咲く花-piano ver-

 2014年11月リリースMini album「LOVER LOVER LOVER」より

19歳の時、突然夜中に曲がかきたくなって、2年前に亡くなった祖母と、釧路に住むの祖父の姿を思い浮かべながら紡いだ曲を、ライヴで好評だったピアノアレンジで収録。老若男女問わずLOVERSSOULの中で一番の人気のバラードです。


2.ハルニレ

札幌国際大学CM曲(2012)/UHB「U型テレビ」ED曲(2012・2013)/Tvh「ゴルマ」CM曲(2012)

2012年の春、東京から地元北海道へ活動拠点を移した直後、東京で出逢った仲間たちと“故郷を離れた人、故郷から大切な 人を見送った人の背中をおせるような曲にしたい”という想いで作った曲。札幌農学校初代教頭クラーク博士の彫刻でも有名な、札幌羊ヶ丘展望台で広くて青くすんだ空を眺めながら歌詞を書きました。あれから6年間ライヴで歌い続け、その度に音源化の声を多く頂いていた曲なので、今回のリリースが、本当に嬉しいです。今思うとまさに“Boys,Be Ambitious” 精神で書いたな。


3.愛するキモチ

2012年8月リリースSingle/セイコーマート北海道クリーミーソフトCM曲(2012)

地元へ戻って1枚目のリリース曲ということで、当時、デビューシングルのような気持ちで書きました。イントロのバン ジョーが印象的で、私的J-Country!恋する女の子のアイスクリームのように甘くてふわふわした気持ち。


4.ぐっでぐった

2012年8月リリースSingle「愛するキモチ」カップリング曲

高校2年生の時、突然学校に行きたくなくなってしまい、当時住んでいた寮の部屋で、制服を着たまま作った北海道弁満載な曲。Bad dayも、気持ち次第でgood day!明日は、good day good timeでありますようにと想いを込めて。今ではLOVERSSOULのライヴ定番曲!


5.紡ぎ愛

2013年11月リリースmini album「愛してるって抱きしめて」より *HTBキルトウィークテーマ曲(2013・2014)/UHB「U型テレビ」ED曲(2013・2014)/AIR-G 推薦曲(2013.11) 

愛をキルトに例えて作った曲。時間が経つとほつれたり、それでも補修がきいたり、何回も崩れてるうちに補修も効かなくなったり。脆くて美しい。会いたいときに会えていた東京の友達や仲間と、地元北海道に戻って、すぐには会えなくなって。 そんな経験があったからこそできた曲だと思います。当時担当させて頂いていたラジオ番組でのOAをきっかけに LOVERSSOULを知ってくれた方も沢山。とても感謝しています。この曲が収録された1st mini albumは完売になってい て、再販の声を多く頂いていました。


6.”I BELIEVE”

2013年11月リリースmini album「愛してるって抱きしめて」より/札幌競馬場CM曲(2013) 

札幌競馬場新スタンドのCMソングということで、当時曲作りに気合いが入りました。作詞作曲に加え、アレンジ、レコー ディング、演奏、打ち込み、全て自分で手がけたものが世に出たのはこの曲が初めてだったかもしれません。とにかく、夢 に向かい走り出す人の背中を押せるような力強い曲にしたいという一心で作ったアップチューン。


7.Green Splash~彼に恋してます~

2014年11月リリースmini album「LOVER LOVER LOVER」より *札幌競馬場CM曲(2013)/CSTV旅チャンネル・KBS京都「まるごと!北海道」テーマ曲(2016・2017・2018) 

2013年の夏、初めて日本ダービーを生でみて、衝撃を受けました。魂がぶつかり合い、地響きが起こる。あの一瞬の為に沢山の人が色んなエレルギーを費やしている。。魂のぶつかり合いを音でも表現したく、当時のライヴサポートメンバーに レコーディングでも参加していただき、アレンジも細部までこだわりました。 恋にかける想いと、レースにかける想いを、重ね合わせて。


8.さくらの蕾

2014年11月リリースmini album「LOVER LOVER LOVER」より

北海道の5月に咲く桜をテーマに書いたミディアムバラード。散ったあとの、桜を見に行ったことがありますか? 実は桜は、開花し散ったあと、蕾になり、すぐに翌年に咲く準備を始めるんです。6月にはもう蕾になって翌年咲く準備 をしてる。その健気な姿に感動したことをきっかけにこの曲を作りました。 今年のさくらは見逃しちゃったけど、来年また見に来ようね。って春の終わり、そして恋の始まりの歌。


9.恋をしただけ

2015年8月リリースSingle

恋人がいる人を好きになったことがありますか?それは罪ですか?複雑な関係の、失恋ソング。女性に人気でダウンロー ド数が現在も伸び続けているLOVERSSOULの中でひっそりとロングセラーな1曲です。

当時の私にとって、新しいチャレンジとして作った、LOVERSSOUL初めての失恋ソング。


10.愛のヒカリ

2016年2月リリースSingle

ピアノ一本と歌だけで勝負した、冬のラヴバラード。運命の人と逢えた喜びのヒカリはずっとずっとずっと消えない。


〜Disc2〜

11.自転車と君の隣

2016年4月リリースDigital Single *さっぽろ自転車押し歩きキャンペーン(2015・2016・2017)

切なげ爽やかJ-POP!札幌の街中を舞台に恋の始まりを書いた歌。歌詞にこだわった1曲で、札幌の街が好きな人なら、 曲の中に出てくる二人がどこでデートの待ち合わせをしたかがわかるようになっています。アレンジ面では、イントロのストリングスとエレキギターのユニゾンがお気に入り。


12.思い出がふえる前にサヨナラしよう

2016年9月リリース松井寛氏サウンドプロデュースSingle

愛した人だからこそ中々別れが告げられないという複雑な気持ち。愛してるけど好きじゃないというフレーズは、女性に 強く共感され、男性には強く批判されます。。笑 18歳の時に書き止めていた歌詞から膨らませて曲を作りました。


13.真冬のキセキを

2016年11月リリース松井寛氏サウンドプロデュースSingle

歌謡曲のエッセンスをたっぷり取り入れたメロディとアレンジ。キャバレーで歌いたいイメージで書きました。哀愁漂うかなり渋めのこの曲は、音楽家さんと、なぜか小さなお子さんに人気です。私も小さい頃、物悲しさのある曲がとても好きだった。


14.嵐が丘

2017年4月リリース松井寛氏サウンドプロデュースSingle

恋より夢を選んだ人の歌。90年代音楽のリバイバルを感じさせるこの曲は、道外のDJさんがクラブで回してくれていたり、音楽レビューサイトに取り上げて頂いたり、ライヴでも人気の曲となりました。


15.ココロノオト

2017年5月リリースDigitalSingle

北海道のCDショップ玉光堂に設置していただいているファンの皆さんとの交換ノート”ラバソノート”を元に、北海道に 戻ってから今までを振り返って作った曲。今日もこうして、大好きな地元北海道で大好きな音楽を続けられている感謝の気持ちとこれからの想いを込めて。玉光堂での交換ノートは、パセオ店と四丁目店で現在も続いています。


16.to You~赤いリボンのメッセージ~-album ver-

札幌RED RIBBON LIVEテーマ曲(2017)

ちょっとの勇気で世界の見え方が変わる。大切な人とだから痛みも喜びも分かち合いたい。知りたいし、伝えたい。


17.Walk

新曲

遠く離れてみないと、素晴らしさに気づけない時ってある。どうしようもなく落ち込んだ日々も、あと少し、歩いて振り返れば、きっと輝いているはず、という前向きなメッセージを込めました。ある日、落ち込んでいた時に自分への応援ソングとして書いた曲で、アルバムの為にアレンジをお願いし、レコーディングしました。どバラード。


18.清田SONG (笹木勇一郎氏 cover)

*Bouns track

2017年夏、地元が一緒のシンガーソングライター笹木勇一郎さんと、地元清田区20周年を記念した音楽フェスでご一緒 させていただき、そのフェスのテーマソングだった、この曲にコーラスで参加させていただきました。小さいころから歌っ てた曲のように何故か懐かしさがあって、故郷への愛の大きさに気づく、本当に素晴らしい曲で、大好きになってしまい、 カバーという形で歌わせていただくことになりました。今回のベストアルバムは、私が地元北海道に戻ってから6年を詰 め込んだ作品。6年という映画のエンドロールにこの曲が流れてるイメージです。